ドッグナビの使い方に関するよくあるご質問と回答

※随時更新※

  • Q:電波法に適合ってどういうこと?
『ドッグナビ』は電波法の技術適合品になります。免許や登録など不必要で、日本国内において適法にご使用いただけます。
 
  • Q:使用する周波数は?
142.94〜98までの5chを使用します。狩猟者端末(HT-01)の操作で、どの周波数を使用するか選択できます。
 
  • Q:一度に使える猟犬端末(首輪)の数は?
システム上、1つのグループで同時に最大15個の猟犬端末(=犬15頭)を運用できます。ヒト検知機能を搭載した場合は、13台となります。
 
  • Q:一度に使える狩猟者端末の数は?
基本的に制限はありません。
新機能の中継機能は、最大10台となっています。ヒト検知機能の使用台数は30台までが動作保証の対象となります。
 
  • Q:犬の名前は何文字入力できる?
半角4文字で、アルファベット、数字、半角カタカナなどが入力できます。
 
  • Q:捕捉距離は?
付属の長尺アンテナ装備で、弊社実験結果は平地・見通し状態で4〜5km、杉林・高低差約100mで1km前後です。ご使用の地形、天候などにより増減いたしますので、捕捉距離は保証の対象外となります。
弊社販売のHT-01にはナテック製のハンディダイポールアンテナを付属しておりますが、メーカー純正アンテナよりも捕捉範囲内において安定した感度を得られます(弊社実験結果)。
 
  • Q:音声も聞けるの?
狩猟者端末(HT-01)にスピーカー、猟犬端末(DG-01)にマイクが内蔵されており、位置情報のほかに音声情報を収集し、聞くことができます。
音声を聞きたい猟犬端末は、狩猟者端末のボタン操作で切り替えられます(音声モードをオン/オフ)。
音声モード中の猟犬端末の音声は、その他の無線ハンディ機で聞くことが出来ます。ただし、142.94〜98MHzの周波数を受信出来る無線機器に限ります。
 
  • Q:従来の海外製品(ガーミン製)との互換性は?
全くありません。
 
  • Q:地図の縮尺は?
拡大図の最大縮尺は、1cm=5mになります。
 
  • Q:地図は日本の地図?
昭文社提供の日本地図が搭載されています。道路、主要施設のほか、バージョン2では等高線がより詳しくなり、三角点、鉄塔など主要施設が増え、2014年版鳥獣保護区が表示されます。
 
  • Q:地図上にポイントは打てるの?
地図上の任意の場所にポイント(マーク)を打てます。待ち場、ヌタ場、ワナの架設場所などの記録に使えます。ポイント記録数は最大200ヵ所、アイコンの種類は24種類。
 
  • Q:電源は?
完全充電式です。
狩猟者端末(HT-01)に使える外部充電池セットは当店でも販売しておりますので、電池の持ち時間に不安のある方は、そちらをお買い求めください。
 
  • Q:充電はどれぐらい持つの?
狩猟者端末(HT-01)は5〜8.5時間、猟犬端末(DG-01)は6〜72時間ご使用いただけます。
各種設定、ご使用の状況により、充電の持ち時間は異なります。
 
  • Q:狩猟者端末を複数台使うには?
1) まず狩猟者端末1台を「メイン機」設定にし、すべての猟犬端末を登録します。
2) 1)の狩猟者端末に任意の4桁のパスワードを設定します。
3) 1)以外の狩猟者端末を「サブ機」設定にし、1)の狩猟者端末と同じ使用chおよびパスワードを設定します。
 
  • Q:猟犬端末をほかの狩猟者端末に登録したら、今まで使っていた狩猟者端末で表示されなくなった。
狩猟者端末と猟犬端末(首輪)は、登録することでお互いを「親子関係」として認識します(製造番号のようなもので認識し合います)。
例えば、親機(A)に子機(B)を登録した後、さらに親機(C)に再び子機(B)を登録すると、AB間での登録が解消されてしまい、AにはBは表示されません。
 
  • Q:「メイン機」とか「サブ機」とか設定を分ける理由は?
こうすることで、子機の登録は「メイン機」設定の親機1台だけで済み、あとはパスワードを共有するだけで他の親機に子機が表示されます。
すべての親機に子機を登録するという煩わしさがありません。
放犬後の実猟下での操作や機能について、メイン機とサブ機での違いはありません。
 
 
  • Q:狩猟者端末に猟犬端末が登録出来ない。
狩猟者端末が「メイン機」設定になっていることを確認してください。「サブ機」設定では猟犬端末は登録出来ません。
屋内で登録作業をしている場合は、屋外に出て同様の作業を行ってください。
近くに150MHz帯のほかの無線機器がある場合は電源を切っていただき、電波干渉の起こらない状態で、登録作業を行ってください。
 
  • Q:複数人、複数犬で使う場合、使い方を簡単に理解したい。
まず勢子が持つ受信機を1台「メイン機」設定にし、すべての首輪を登録します。
その受信機にパスワードを設定します。
共猟者が持つほかの受信機を「サブ機」設定にし、「メイン機」と同じ周波数とパスワードを設定します。
設定はこれだけです。あとは衛星電波などの受信を待ちます。上記の設定でヒト検知機能も作動します(初期設定でヒト検知機能はONになっています)。
 
  • Q:今後、システムの改善予定は?また、その時は機器を買い換える必要があるのか?
ユーザー様のご意見、関連法令の改正などを踏まえ、メーカーでは随時、システムの改善、新機能の開発を行っています。今後のバージョンアップについては、現在のところHT-01のシステムの書換えで対応するなど、既存の機種を買い替える必要のない方法でのバージョンアップ作業を念頭においておりますが、決定事項ではありませんので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
平成29年7月リリースのヒト検知機能を搭載したVer.2 SPが最新バージョンになります。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。